2010年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.30 (Tue)

クリリン。

 「1」!お久しぶりのコ姑です。先日、珍しくカイヌシが「一緒に出張に行こう」と言ってきたのでルンルンでお出かけしました。

 でも午前中の出張先では車中でずっとお留守番でイラっとしたんですけどね~。

 これから数ヶ月、カイヌシの出張が多くなり、自動的にワンが職場に残されることが多くなります。ワンは留守番をまかされているから、来客者に挨拶に行ったり、仕事サボってるヤツに「喝!」を入れてあげてるんだけど、なぜか怒られてしまいます。

 納得いかんわ~。

 そこでワンはピンときたね!もしかしてこいつ、ワンをずっと車の中に閉じ込めてく気なんじゃね~かって!

 車に戻ってきたカイヌシに猛抗議してやりました。

 するとカイヌシ、メシ抜きでお昼休みの1時間を散歩にあててくれて、次の出張先の付近にあるイチョウの紅葉がキレイな場所に連れてってくれました。

IMGP5790.jpg

 珍しいなカイヌシ、雨降るゾ!と思ったけれど、カイヌシは超晴れ男。雨が降る代わりにイチョウが全然黄色になっていませんでした。

 40分近く、撮影場所を選ぶというより、黄色に紅葉している場所を見つけながらの散策となりました。

 昼休みが終わり、次の目的地でも当たり前のように車中に取り残されましたが、散歩した疲れから気持ちよく寝ていると、カイヌシが戻ってきて、車から降ろしてくれました。

 あれっここは・・・そう、地元では有名なお寺さんでワンのお友達のクリちゃんがいるところ!休日に何度か訪れているけれど仕事中は始めて。

IMGP5806.jpg

 お寺のコらしくクリ(庫裏:寺の台所、庫院の意)の名をもらった黒ラブちゃんはとってもキュートでカイヌシはよく仕事そっちのけで遊び、ニオイをベッタリつけて、ワンの浮気チェックにひっかかります。

 この日もいつも通り、遊んで帰ってきました♪

IMGP5808.jpg

 帰り道にカイヌシがぼそっと言ったんだけど、先月クリちゃんと遊んでいる時に気になった点があって住職さんに報告したところ、病気が見つかり、現在、漢方の投薬治療中と聞いたカイヌシはワンに会わせて元気になってほしかったんだって!

 そうだったのか~と納得。クリリン、また行くからね!頑張って病気治すんだよ!

IMGP5799.jpg 

 夕方、職場に戻ると「ラブと遊んできたんだろ~」とカイヌシはみんなに冷やかされていました。カイヌシ、ワン、もう文句言わない!しっかり留守番する!ちゃんと吠えるからまかせてちょ~!

 えっそれがダメなの?

スポンサーサイト
00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  コメントする(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.29 (Mon)

ワオキツネイヌ。

 「10」です。モンキーパークなので最後はサルのお話を。

 恐竜展の後はラジオの公開放送を見学。楽しいイベントは予定時間をオーバーし、立浪さんのサイン会とケツカッチンになってしまい、イベント終了後、すぐに退席を余儀なくされたので再び動物園を訪れました。

 数回前も書きましたが、日本モンキーパークも行動展示や動物福祉に取り組んでおり、中心地にはその象徴ともいえるモンキースクランブルがあります。

IMGP5660.jpg

 フクロテナガザルが自由に動き回る巨大遊具ビックループ&エコドーム、ジェフロイクモザルが渡るつり橋モンキースカイウェイ、リスザルが放し飼いされている木々の茂った小島、リスザルの島の総称をいい、その名の通り3つの施設が交わっています(画像はビックループ)。

IMGP5714.jpg

 私達はスクランブルガイドと呼ばれる飼育員さんの説明に耳を傾けながら、ジェフロイクモザルがクモのように長い手足とシッポを使ってバナナをGETする姿を観察しました♪

 テナガザルの親子の仲睦まじい姿を見て、アヌビスヒヒの城、お土産屋さんを見て、最後にもう一度だけワオキツネザルを観察しました。

IMGP5655.jpg

 こちらも数回前に書きましたが、このサル、顔がとんがってるせいか、留守番中の誰かさんに似てて気になっちゃうんだよなぁ。

 おマタおっぴろげる姿なんかソックリ!

IMGP5578.jpg

 キツネザルは体温調節が苦手なため、冷え込む朝などは日光浴をして体温を上げる習性があるのですが(冬になるとストーブに向かって同じ行動をするんですって)、太陽に向かって何頭も並んでおっぴろげる姿はかわいいすぎ!

IMGP5580.jpg

 中にはあったまったおなかに頭を突っ込むオシャマさんもいて、思わず「あれラブじゃねぇ?」って口走ってしまいました。

 群れは2グループに分けて、日ごとにWAOランドと入れ替えることで、人間に対する慣れを防ぎ、野生の状態を維持しているようで、ハード面だけでなくソフト面でも努力しているんだなぁと大感動し、ルンルンで自宅に帰ってきました。

 帰宅するとワオキツネイヌがおマタおっぴろげて爆睡しておりましたとさ!
00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  コメントする(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.28 (Sun)

強竜展。

 「10」です。モンキーパークなのに前回は塔を紹介して今度は恐竜です。ちょうど訪れた時期、恐竜展を開催中だったので飛び込みました。

 会場は中生代の大きな森を再現しているようで。森の中で大迫力の恐竜に出会えるという、どちらかというと子供向けの趣向でした。

 しかし侮るなかれ、ティラノサウルス(T-REX)の骨格標本もあって、大人も十分楽しみながら学ぶことができる展示となっていました。

IMGP5612.jpg

 映画『ナイトミュージアム』のように骨格標本も動くの!

 これだけでも十分すごいのに他にも4.6mのトリケラトプスや9.1mのアパトサウルスもいて、例外なく動き、吼えるので、童心に帰って目をキラキラさせながら見ていました。

 そして最後のクライマックスに全長14mの巨大T-REXが!

 大迫力!子供は大喜び!大人も口あんぐり!そして赤ちゃん連れは自らすすんでわが子を千尋の谷ならぬT-REXの口に近づけイケニエに!

20101120-171343-11630200.gif

 なんでやねん!T-REX師匠のノリツッコミも味わえますよ~!

20101120-171153-87898000.gif

 ここで写真を撮り、子供が大きくなった時にこの写真がいい思い出になるんだろうなぁと微笑ましく眺めていました。

 この日は中日ドラゴンズの元選手、立浪和義さんのサイン会があり、この催事場で買い物をすると整理券が配布され、参加できるようでした。

 中日ドラゴンズを「強竜」と称しているからなんでしょうが、買い物をしようにも子供向きで欲しいものがなく、熱狂的なドラファンですが諦めました。

 余談ですが、サイン会の後はキャッチボール大会となり、閉園ギリギリまで立浪さんは子供達とキャッチボールを楽しんだそうです。おっさんが参加して場違いな雰囲気出すよりはいいかなと思いました♪
00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  コメントする(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.27 (Sat)

バイタリティの放射。

 「10」です。モンキーパーク日記はまだまだ続きますが、一旦、私達は動物園を出て、遊園地方面に帰ってきました。

 その目的は遊園地の奥にある幻の塔を見学するため。

 故岡本太郎さんが大阪万博で太陽の塔をデザインしたのは有名な話ですが、実はこの塔、弐号機で初号機といえるプロトタイプがモンキーパークにあったって知ってました?

IMGP5607.jpg

 その名も「若い太陽の塔」。年長者なのに若いとはこれいかに!って話ですが、初号機は暴走してナンボだと昔から相場が決まっているので(?)妙に納得してしまいました。

 芸術は爆発だ~!って故人も言ってましたしね!

 高さ27m、幅16mの若い太陽の塔は、弐号機のようなオブジェではなく、展望塔になっていて真下にある螺旋階段から上ることができます。

IMGP5598.jpg

 初号機は大人気!画像からもわかるようにこの日は400人近くの来園者がこの塔に上りました。有名な岡本太郎さんの作品とはいえただの展望台になぜこれほどの集客力があるのか?

 実は7年前、事業の縮小を機に、この塔は見捨てられ、塔へ続く道も閉鎖されたのです。7年間、塔はメンテナンスもされず、サビつき、色あせ、朽ちてゆくのを待つだけの状態でした。

 現在も園内マップを見てみると塔のイラストは描かれてはいるものの、ルートはもちろん、塔の名前すら記載されていません。

 そんな状態の塔を救ったのが他ならぬ来園者の声でした。

 ボランティアを募り、必要最低限の補修を加え、今年の春、7年ぶりの公開が決まりました。大好評だったようで私達が訪れたこの日、400人が上ることができたというわけです。

 正直、私にはそれほど思い入れはなかったのですが、実際に上ってみると、なかなかどうして、ものすごい存在感で復活を願う声があるのもうなずけました。

 塔と向き合うようにプレートが置かれ、作者(岡本太郎さん)のことばが記されています。

 ひろびろとした 丘の上に
 “若い太陽”が生れる
 日に日に新しく生れ変わる
 我々の生命の象徴として―
 金色に輝く顔は おおらかに
 バイタリティを放射する。
 赤、青、緑の粧いは、
 濃い青春の彩りである。

 サビつき、色あせてはいましたが「バイタリティの放射」を私はビンビン感じましたよ~!

 今年の大晦日、この塔で初日の出を見ようというイベントもあるそうです。興味と機会のある方はぜひバイタリティの放射を感じてみてください。

IMGP5597.jpg

00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  コメントする(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.26 (Fri)

WAO!

 「10」です。日本モンキーパーク散策日記です。奇しくも私は昨年、名古屋の東山動物園、旭川の旭山動物園を相次いで訪れ(旧日記参照)、動物の行動展示や動物福祉の考えを学びました。

 モンキーパークも同様に取り組んでおり、リラックスした猿が多かったです。客が多いことにテンションあがっちゃってホエザルがものすごい奇声をあげてホエてましたけどね~。

 ホエザル同様に私がWAO!とホエてしまいそうになったのがWAOランド!

 WAOもとい、ワオキツネザルが野外で飼育されており、人が猿舎の中に入り、南国風のコテージで観察するのですが、めちゃ近い!あらかじめ飼育員さんにサルに触れないでと言われるのですが、自らこの距離まで接近してくるのでこっちが気を使うわって話です。

 ワオキツネザルは、マダガスカル島に生息するサルで、その特徴的な白と黒の輪模様のしっぽからワオ(輪尾)キツネザルと呼ばれています。

IMGP5536.jpg

 それがピョンピョン休みなく跳ねまわり、日よけのパラソルにもどんどんのっかってくるので、小さいお子さんはビビるかもしれませんが、私は一日いても飽きないぐらい楽しかったです。

20101120-170918-63252200.gif

 これぞ行動展示!至近距離で生態を観察できて大感動!

 エサ(欲)がからむと前回のような世知辛さを感じますが、無邪気さ全開のキツネザルを見て一気に心が洗われました♪

 やることなすこと全てが面白くて勝手に吹替えしてクスクスしていました。

 私だWAOだ、なんだ、全然気づかなかった。暇を持て余したキツネザルの遊び!

20101120-171055-23302800.gif

 このひょうきんなところ、どっかの犬にそっくりと思いつつ、次の目的地に向かいました。つづく。
00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  コメントする(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.25 (Thu)

社会の縮図。

 「10」です。モンパこと日本モンキーパーク散策日記。モンキーパークはその名の通り、世界にも数少ないサル専門の動物園であり、73種600頭のサルを見ることができます。

 霊長類の研究所でもあり、どこに行っても霊長類ばっかり!中にはこんなハタ迷惑な霊長類も・・・。

P10509892.jpg

 以前に紹介させていただいた哲学本でイヌとサル(ヒト)では考え方が根本的に違うと書かれていましたが、160頭のヤクニホンザル(屋久島に住むニホンザルの亜種)の群れを高所から観察できるモンキーバレーを間近で観察するとよくわかりました。

IMGP5515.jpg

 木登り等、運動能力の高い個体はエサを持っている人間(近くで売っています)に目線を合わせ「こっちに投げんかい!」と野球のキャッチャー姿で身構え、手を叩いて合図するんですから驚き!

IMGP5522.jpg

 そればかりか、エサを投げる人間コントロールが狂うことを見越してキャッチャーザルの周りに陣取る個体、届かないこともあるだろうと手前の谷底で待っている親子連れの軍団もいて、賢いなぁと感心。

IMGP5518.jpg

 実際、こちらのサルは火を怖がらず、冬になると「たき火」にあたるっていうんですから知能の高さが伺えます。

IMGP5517.jpg

 でもね、サルのエサを買う人間の多くが親子連れで、エサを子供に投げさせようとするので、エサが届かないことも多く、実は谷底が一番高確率だったりします。

 私の眼前で幸運にも若いサルがエサをGETしましたが、喜びもつかの間、気を許した瞬間に強いサルに襲われ、奪われ、搾取されていました。

 なんかヒトの社会の縮図を見たみたいで世知辛いなぁ~。

 出る杭は打つ、臭い物には蓋をする、弱味につけこんで自分達の都合の悪いことはとことんスルー。個人にとどまらず集団や国同士になると治まるどころかエスカレートする一方で、それを見るにつけ、どんどん人間嫌いになっていくワタクシです。

 と同時に、だから自分に正直で真摯に生きてるワンコに惹かれるんだなぁと納得しました。

 一転して暗い話になっちゃいましたが次回は楽しくお送りしま~す!
21:00  |  未分類  |  TB(0)  |  コメントする(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.24 (Wed)

モンパ。

 「10」です。2週間程経ってしまいましたが、日本モンキーパークに行ってきました。

 例年この時期になると地元企業が主催するウォークラリーが行われ、昨年までは同じ名古屋鉄道が運営する野外民族博物館で行われていましたが、今回はこちらになりました。

 このウォークラリー、千円でチケットを購入するのですが、このチケットでモンキーパークに入場できるばかりか(通常1,600円)、園内のクーポン券もついてて、トドメに主催企業の商品のお土産、豪華景品が当たる抽選会もついててとってもおトクなんです。

 同時に私達夫婦が愛聴しているラジオ番組の公開放送もあるので、雨が降ろうが槍が降ろうが毎年参加を決めています。

 日本モンキーパークは愛知県犬山市にある、動物園を併設している遊園地。最近では「モンパ」って呼ばれていて、愛知県に住む小学生は必ず遠足で訪れる有名スポットです。でもワタクシ、ここを訪れるのはその小学生の遠足以来なので20数年ぶり!

 なんで行かなかったのかというと、答えは簡単、名古屋の東山動物園の方が近かったから!こちらは市が運営しているので入場料が格安(500円)でしたし、アクセス面でも優れてたんですね~。

 20数年ぶりに入場してみると、かすか~に面影があるものの浦島太郎状態。記憶の片隅を掘り起こしつつ、モンパを散策したのでした。

 というわけで今回から数回、犬が出てきませんがお付き合いヨロシク。

_MGP5917.jpg

 P.S.らむママさん、そしてKettymamaさんありがとうございました!
22:00  |  未分類  |  TB(0)  |  コメントする(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.23 (Tue)

聖闘士ラっちゃん。

 「10」です。一足先に嫁がブログでUPしていましたが、今日は婚約(結納)記念日で一日中近隣をぐるっ~と回ってきました。

 中でも一番のイベントはコーギ仲間との再会でラブをあわせたコギさん4頭に祝福してもらって(もみくちゃともいう)夫婦は大カンゲキ!みんなありがとうね!

 ラブさんは前回蹴散らされたワンコに見事リベンジを果たしたようです。気合い入ってた分、いつもより吠えて私や嫁さんに叱られましたが、全然気にせず今夜は勝利の高いびき!・・・みなさんお騒がせしました。

 今日の出来事はおいおい書かせてもらおうと思っているんですが、時系列通りに行くと、次回からサルに関係したお話が続き、低山ハイキングの話や、夏に購入したグッズに関する話、紅葉や名前札の話も書きたいなぁと思っているので、このままだとしばらくかかりそうです!

 それだけ毎日が充実しているって証拠なんですけど、来月は毎年恒例のBBパーティというイベントもあってこれも自然と話が長くなる可能性大!

 年末は多忙になり、お出かけが激減するので、そこでグっと追いつくはずですが、年を越しても昨年の話が続き、季節感のないブログになってたらごめんなさいね!

 とここで予防線をはったところで、最後に紹介を。先日来からこっそりLINKコーナーに新たにブログを追加させていただきました。

 それは東北地方に住むコギさん、ガッキー君のブログ毎日ガッキー!同じくLINKコーナーにあるヒナタちゃんのブログでヒナタちゃんとディスク遊びに興じるイケメンワンコがガッキー(敬称略)でした。

 スポーティーなヒナちゃんのディスク遊びに参加できることだけでも驚きなのに、空中キャッチもできるこのコの身体能力の高さに目がテンになり、以来、ブログのタイトル通りに毎日ガッキーに釘付けです!

 できることならラブと遊んでもらいたいなぁ。最初はヤラれるかもしれないけど、ラブには一度見たワザは通用しない聖闘士(セイント)犬なので対戦する機会があればご用心を。

IMGP5779.jpg

 先日、イチョウの写真を撮りました。紅葉とラブの毛色の「落としどころ」を見つけ、色で紅葉を感じさせる写真を撮るのはすごく難しいです。ヒナちゃんブログ見て勉強しよっと。
23:59  |  未分類  |  TB(0)  |  コメントする(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.22 (Mon)

ありがとうしじみちゃん。

 「10」です。このブログを開設する直前、私は嫁さんと神戸を訪れ、あるコーギーさんと出会いました。

 それがCAFE buffoさんの看板犬、しじみちゃん。

 昼食の時間がなく、異人館に行く前に食事をとろうと思った矢先、目の前に散歩中のしじみちゃんが現れ、導かれるように私達は開店間際のお店に引き寄せられました。

 その頃、インナーマッスルを鍛えるという記事に惹かれ、コーギーのムック本を購入したのですが、神戸から帰った後、こちらの出版社のHPを見つけ、眺めていたらなんとbuffoさんが紹介されていました。

 ところが出版社のミスで取材を受けたのにもかかわらず掲載されなかったようです(なのでHPにそのお詫びの記事がUPされていました)。

 掲載されていたなら間違いなく訪れていましたが、掲載されなかったので気づかずに素通りしていたことでしょう。

 普通ならね。

 でも私達はしじみちゃんに会った・・・偶然で片付けるのはできすぎで、不思議な縁を感じずにはいられませんでした。

 時は過ぎ、11月のある日、ふとしじみちゃんのことが気になって。buffoさんのブログをのぞくと、しじみちゃんが天国に旅立ったことを知りました。出会ったあの日から1ヵ月後のことでした。

 一人PCの前でポロポロ泣きました。

 しじみちゃん、あなたをナデナデしたこと、あなたにペロペロされたこと、今も感触が残ってるよ!ありがとね!ご冥福をお祈りします。

P1050167.jpg
00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  コメントする(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.21 (Sun)

お宝動画♪

IMGP5746.jpg

 「10」です。前回の続き。1年前の靭帯断裂を機にサッカーを封印し、その間、ジャンプしなくてもいいようなディスクの遊び方をラブと一緒に考え(例の取材でも撮影してもらいました)、それなりに楽しんでいましたが私からみるとちょっと違う。

 ノリが違うんですよね~。

 楽しんではいるものの、物足りない様子だったんです。先月ワンコ友達で遊んでいた時も、ワンコ同士の追いかけっこに参加するより、遠くでサッカーに興じているボールの音に反応していたので、心苦しくなっちゃいました。

 自宅から徒歩数分の距離に、保育園が閉園となり、そのまま公園として残されている場所があるのですが、ここなら四方をフェンスで囲まれているし、利用者も少ないのでここでサッカーをやらせてみようと思い立ちました。

 1年前の教訓を忘れず、傾斜のあるところや高いバウンドのするボールを蹴らないよう(空気も少し抜きました)ルールを設定し、いざキックオフ!

 めちゃくちゃ喜んでいました♪

IMGP5755.jpg

 全力で走ると慣性の法則でトトロっぽい形態になるのね!

IMGP5729.jpg

 競技にもなっているディスクだと追いかけて、拾って、持ってくるというアクションが完成されていて、ラブには自由度というか「遊び」が足りなかったようです。

IMGP5744.jpg

 サッカーだとボールを追いかけた後、好きなようにドリブルできるし、もう一度蹴ってもらいたかったら鼻で私の足にパスしたり、ボールをトラップして(止めて)、私のキックを待ったりしてとにかく自由にでき、フリーダムな犬には最高の遊び!

IMGP5749.jpg

 念のためヘンな動きをして足を痛めたり、かばったりしてないかを見逃さないようビデオ撮影したのですが、動画からは体中で喜びを表現している愛犬がいて、おっさんは泣いてしまいそうでした。

 直後、偶然ここに遊びに来た地元中学のサッカー部の子達が来て、一緒に遊んでもらいました。ラブは以前に学習した数人と遊ぶサッカーの仕方も忘れずに覚えていて、パス回しに参加して中学生を驚かせていました。

 中学生の邪魔にならないよう、私達はよきところで退散。おっさんと短足犬に付き合ってくれてありがとう!撮ったビデオは宝物になりました♪

 そんなわけでその動画は嫁ブログにUPしてありますのでご覧ください♪

 P.S.UPした画像は別日に撮影したものです。
00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  コメントする(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.20 (Sat)

蹴りたいボール。

 ワタクシ「10」!34歳!なんでだろう「10」30過ぎたあたりから、イライラする!「10」イライラする!

 先日、コーギー友達に会う約束をしてウキウキだったんですけど、突然風邪をひいた人がいて行けませんでした。

 イライラはそれとは関係ないんです。これは年齢のせい!コギさん達に会えなかったこととはぜ~んぜん関係ないんですが「10」イライラする!

 その日の午後は11月にあるまじきポカポカ陽気!手持ち無沙汰になったのでラブを連れて近所の公園に出かけました。

 そこで1年間封印していたサッカーをやってみることにしました。

 イライラさせたヤツの代わりにボールを蹴り倒したかったからじゃないよ!マジ、マジ、ホンマ、ホンマやってん。

 長いお付き合いの方はご存知だと思いますが、私は三度のメシよりサッカー好き。大学生から始め、自分でチームを作っていたぐらい!

 社会人になっても続けていましたが、結婚を機に引退を決意し、友人に代表を引き継いでもらってからも、ラブとサッカーを楽しんでいたのですが、1年前、傾斜のある丘でラブが猛スピードでボールに飛び乗り、そのまま着地に失敗。靭帯を断裂してしまいました。

 その時の私の絶望たるや想像を絶するもので、そのままボールごと用品を物置に押し込み、願掛けの意味も込めて封印したのでした。

 以来、私もボールを蹴ることはなく、1年の謹慎期間を経てラブがどういう反応を示すか私は興味津々。と同時に、もし以前のように楽しめなかったら、私も一生サッカーを封印しようと決めたのでした。

 というわけで次回にヒッパリます!サッカーボールを目の前にしてラブの反応はいかに!

IMGP5747.jpg

 でもこの画像見たら一目瞭然かも?
00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  コメントする(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.19 (Fri)

てんやわんや。

 「10」です。先日、あるトーク番組を見ていたら、ある女優さんが仲のいい同姓の脚本家さんと仕事をしている時、コンビ名を作って楽しく仕事をすると聞いて、純粋に「いいな~」と思いました。

 そのコンビ名が「てんやわんや」。女優さんが「てんや」さんで脚本家さんが「わんや」さんなんですって。

 それいいやん、めっちゃええやん、ステキやん~!と島田紳助さんみたいに思っちゃいました。

 だって私のハンドルネームは「10」、愛犬は「1」ですし、実際、コンビでいる時は「てんやわんや」してるしね!そこでそのまんまパクらせてもらって(オイオイ)、これからはコンビ名、「ひとりと一匹」改め「てんやわんや」でやっていきたいと思います!

IMGP5505.jpg

 画像は「わんやわんや」ですけど。

 飼い犬を擬人化すること自体バカげているって思う方もいらっしゃるかもしれませんが(かく言う私もそうでした♪)、長い時間一緒にいると主従関係なんかはるかに超越した対等な関係、コンビになるんですよね~。

 ツーといえばカー、アといったらウンというような通じ合える関係?言葉はしゃべれないけど、その分、雰囲気や仕草でわかっちゃうんです!

IMGP5508.jpg

 お前のお母さん、アンタの耳が邪魔って言ってるよ!そこはわかれよ!

 ハタから見れば一人でさびしそうに思われるかもしれませんが「てんやわんや」なのでとってもにぎやか!楽しく気ままにどこへでも行けちゃうので実際(旧日記を読んでもらえばわかりますが)、結婚前はよく寝袋もって車中泊したものです。

 途中で見つけた露天風呂に入ってポカポカになり、寝袋に天然ホッカイロ犬いれてぬくぬくしたまま満天の星を眺める・・・もう最高!

 この間の旅は天候に恵まれず同じ思いができませんでしたが、帰ってきた夜、自宅に寝袋しいて一緒に寝ました。アホでしょ!

 まあ、ラブの体が汚れていて、寝室が汚れるのを防ぐためだった理由も多分にあるんですけどね~。

 そんなわけで今後も「てんやわんや」をよろしくです~。

IMGP5509.jpg
00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  コメントする(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.18 (Thu)

ラブの巌立脱出大作戦!

 「10」です。前回の続き。私の勘違いで滝めぐりを中止し、日没までに駐車場に戻ろうとしましたが時すでに遅し!

 帰りを急ごうにも、行きで体力を使い果たしたのに加え、気持ちの落胆も大きく、簡易ライトをもっていったものの暗くて足元もおぼつかず、おなかも減ってフラフラ。遭難しかかってました。

 行きで8km歩いているので往復になると16km、トボトボ歩きながら自分の甘さを反省していると、突然、後方から強烈なライトが!

 前回、私に忠告してくれたお兄さんの運転するトラックでした。

 「荷台でよかったら乗ってってください」って言ってくださり、渡りに船で荷台にラブと飛び乗りました。

 乗せてもらった距離は1km弱でしたが、荷台に揺れながら泣きそうなぐらいうれしかったです!

IMGP5437.jpg

 疲れ果てた私達を巌立のライトアップがやさしく出迎えてくれました。

 お兄さんに丁重に御礼を言い、駐車場に戻ると小雨が降っていました。平日だったこともあって駐車場にとまっていたのは私の車ただ1台!他に助けてくれそうな人はどこにもおらず、マジで九死に一生を得たようです。

IMGP5439.jpg

 本来なら日中、岐阜市で登山し、夕方ここに到着し、ライトアップを見て車中泊。翌日滝めぐりをする予定だったので、翌日、今回行けなかった根尾の滝を挑戦してもよかったのですが、小雨も降り、汗もすっかり乾いて体が冷え切っていたし、何より心が折れていたのでライトアップ撮影後に退散。車で数分の距離にある温泉、ひめしゃがの湯に行きました。

 こちらは日本一の炭酸泉で体によいといわれる炭酸泉の浴場をはじめ、露天風呂、薬草風呂、ハーブスチームバス、サウナなどがあります。

 お湯は茶色で切り傷、やけど、慢性消化器病に効果があるそうですが、遭難しかかった心の傷を癒すのにもバツグンの効果を発揮しました(入湯料は600円)。

 ポカポカで車に戻るとラブも「帰ろう」と言ってるみたいだったので、そのまま帰路に着き、以前も訪れた金山の道の駅で食事を摂り、再び運転すると、道もすいてて日付が変わる前に帰宅できました。

 そんなわけで結構キツめの日帰り旅行でしたが、ラブがいつもよりたくましく、凛々しく思える場面もあり、絆がまたぶっとくなりました。また行こうなっ!

IMGP5459.jpg

 翌日はワンコ共々体中筋肉痛で寝てました~!


00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  コメントする(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.17 (Wed)

そうなんです!

 「10」です。「あかがねとよ滝」と「からたに滝」の滝見物を終え、さらに4km歩くことにした私達、時間は4時、今のペースじゃ間に合わないとペースアップし、山道をジョギングしながら進みました。

 普段だったら「3」がいるので絶対行かないのですが、私とラブにはイケる自信があったので強行しました。

IMGP5426.jpg

 体力に余裕もあり、別の名のない滝に行って写真撮れちゃうぐらい!

 軽く汗をかき、体もほてりながら進むこと30分。前方にミニクレーン車が道路整備の工事をしていました。

 滝は見る余裕はあってもクレーン車を見る時間的余裕はありません。そのまま素通りしようとすると、重機のエンジンを止め、中からお兄さんが出てきました。

 すると「根尾の滝見に行くんですか?」と尋ねられたので「はい、そうなんです!」と答えるとみるみるお兄さんの顔が曇っていきました。

 私が目指している根尾の滝は落差63m、「日本の滝100選」に選ばれた名瀑。4km歩くだけの価値がある滝だと判断したのですが、この後、お兄さんから衝撃発言が!

 「4kmってのは駐車場まででそこから1時間かかるんですよ~!」

 ええ~!時間は4時40分、目的地は目の前だと思っていたのに大ショック!しかし、日没時間も迫っていたので、いつまでもここで落ち込んでいるわけにもいかず、お兄さんに御礼を言ってUターン!

IMGP5433.jpg

 画像は感度をあげているので明るいのですが、肉眼ではずいぶん薄暗く、行き道で野生動物に遭遇したこともあり、急に不安になってきました。

 川平慈英さんがここにいたら私にこう言い、私はこう答えたことでしょう。

 「遭難ですか?」「遭難です!」と。つづく。
00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  コメントする(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.16 (Tue)

運命の選択。

IMGP5422.jpg

 「10」です。ひっぱるだけひっぱった2つの滝は「あかがねとよ滝」と「からたに滝」。2つの滝は上下に隣りあっています。

IMGP5386.jpg

 画像は「あかがねとよ滝」落差14mで 滝壷は神秘的な青さをたたえています。画像を見てもらえば一目瞭然ですが、ものすごい水量で周囲は天然のミスト状になっています。

 「あかがね」は赤く苔むしていたから、銅のようなという意味で、「とよ」は屋根の雨槌のようなという意味なんだそうです。

IMGP5402.jpg

 お次は「からたに滝」落差15m、こちらも神秘的で雄大、そしてミストも増量です!

 右岸側はドーム状になっているので遠くまで滝の轟音が響き渡り、午後、太陽光がうまく入ると虹もみれるんですって!

IMGP5417.jpg

 憧れの友達ワンコ、ヒナタちゃんのように岩に手(前足)をかけた「ててのっけ」に挑戦!虹は見れなかったけど、虹に負けないぐらいニコニコ笑顔の愛犬です!

 滝見物を終え、時間は夕方4時。この奥にもう一つ滝があるのですがさらに4km歩かなければなりません。

 ここで運命の選択です。

 体力は私もラブも十分だったので、ジョギングしながら行ってみようと決断をしました!そしてこれが大失敗の始まりでした・・・。つづく。
00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  コメントする(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.15 (Mon)

遭遇。

 「10」です。三ツ滝から林道を歩くこと2km、2つの滝を目指してレッツらゴーの巻です。

 林道はアスファルト舗装はしていないので泥や砂利に足をとられ、歩きにくいのですが犬には断然こちらの方がいいようです。

IMGP5419.jpg

 目の輝きが違うもん、

 そんなカンジで溶岩流の地形を眺めながらてくてく歩いていくと、急に林がガサガサっ!と鳴り、私もラブもビックリして目を凝らすと、木の上にサルの親子5匹がいました。

 この時、私は黄色の蛍光色のジャージ、ラブも同じく蛍光色のオレンジのウェア、そして手にはゴツいイチデジカメラを持っていたので、私達をハンターと勘違いしたのか大慌てで逃げていきました。

 慌てすぎて、中には木からすべり落ちて谷へ落下するように逃げていったサルも!

 私も黙ってみてればよかったのですが、カメラを構えてシャッターを切っていましたし、ラブも耳をピンと立て追いかけていきそうな勢いでリードを引っ張ろうとしていたので申し訳ないことをしました。

 写真もたくさん撮ったのですが、辺りは夕方で薄暗く、うまく撮影できませんでした。

 野生動物もいるんだと気を入れなおし、歩き始めると5分と経たずに目の前をキジが横切っていきました!

 これも一瞬の出来事でカメラを構えることすらできませんでした。むこうも心底驚いたようで翼をはばたかせ、谷に滑空していきました。

IMGP5389.jpg

 当たり前ですが、先日訪れた牧場の動物達と違って、野生動物はとても用心深く、ラブもお前猟犬なの?ってぐらいの反応を見せ、リードしてなかったら谷底まで追いかけて行きそうな勢いでした。

 そして私は激しく後悔!おしかったなぁ~きび団子用意してたら鬼退治行けたのに!

 な~んてことを考えながら次の目的地に到着しました。つづく。

IMGP5522.jpg

 P.S.今回の話とは関係ありませんが、週末、サルに会いに行ってきました。その話はまた今度。
00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  コメントする(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.14 (Sun)

三ツ滝。

 「1」!コ姑です!さっそく巌立峡の滝めぐり行くよ~!

IMGP5329.jpg

 画像は三ツ滝。上段から落差6m、11m、5mと続く三段の滝です。巌立峡から600m続いています。

 整備された滝見遊歩道から間近で見ると迫力満点!滝壺をのぞいてみたんですがビビってチビりそうでした!

20101106-211207-89875100.gif

 ↑の画像のワンの後ろに照明器具があるのがわかりますか?実は今月3日までこの三ツ滝と前回の巌立がライトアップされている情報をカイヌシはあらかじめGETしており、夜にここを訪れるはずだったんですねぇ~。

 というわけでカイヌシの命令で伏線張ったんで覚えておいてね~。

 最初の画像を見てもらえばわかるように滝見遊歩道の階段は急でしかも濡れてて落ち葉つきなのでカイヌシもワンもコケないようピリピリしつつも滝の厳かな雰囲気に心を洗われました♪

IMGP5352.jpg

 この急階段、上りはOKでも下りはワンコには危険だと感じました。そのまま上りきれば林道に出るので戻る必要はありませんがワンコ連れで行く方は気をつけてくださいね。

 ここから先、林道を歩いて約2kmに2つの滝があります。登山していないワン達ですから体力は十分!何の迷いもなくトレッキングを続けました。つづく。
01:08  |  未分類  |  TB(0)  |  コメントする(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.13 (Sat)

巌立峡。

 「10」です。お出かけ日記も後半戦、温泉で有名な岐阜の下呂市に入り、中心街をそのまま素通りし、約1時間、今回の旅の最終目的地、小坂町にある巌立峡(がんだてきょう)に到着しました。

IMGP5325.jpg

 以前にUPさせていただいたこの画像の絶壁が巌立。屏風のような巌立は岐阜県指定の天然記念物で、高さ72m、幅120mの大岩壁。溶岩が冷えて固まったときに柱状の節理(割れ目)が出来、太さ数十cmの柱が並んでいるように見えるのが特徴です(つまり金太郎飴のように地層が崩れても同じ地層が現れる)。

 今から約5万4千年前に、御嶽山の噴火によって流れ出した溶岩流が御嶽山から約17kmも続き、ここがその末端、日本一溶岩流なんだそうです(立て看板に書いてありました)。

 というわけで正解は巌立峡でした~。

IMGP5327.jpg

 当初の予定では百々ヶ峰を登って、午後9時までにこちらに到着するはずだったのですが、到着したのは午後3時!ここで車中泊して翌日めぐる予定だった滝めぐりを早め、出かけることにしました。

 その前に情報収集。係員のおばちゃんに「ワンコ連れでもいいですか?」と確認をとってから説明してもらい、万が一遭難してもいいよう顔を覚えてもらって出発!

 巌立峡周辺には大きな滝が4つあり、この夏に訪れた横谷峡の4つの滝のような想像していたのですがおばちゃんの説明だと全部見ようとすると結構歩くらしく、そんなら逆に好都合と燃えた私達は意気揚々と滝めぐりを開始したのでした!

 ・・・地獄の行程だとも露知らずにね!つづく。

IMGP5425.jpg

00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  コメントする(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.12 (Fri)

給水拒否。

IMGP5180.jpg

 「10」です。松尾池を後にしてからはさらに車を北に進め、関市の道の駅で小休止。

 本来なら登山した後、ここの無料足湯につかってゆったりしようと思っていたのですが、登山を中止したことで日はまだ高い位置にあるので予定を早め、今日の最終目的地に進もうと計画変更し、お土産と飲料を買いこんで急いで車に戻りました。

 すると・・・あれっ?なぜか私の席にラブさんが座っておられました。そして舌をペロペロ出していらっしゃいます!

 ラブのクセなんですが、悪いことしたり、ウソついたりするとラブは舌をペロペロ出すんです!そこで私はピンときて、運転席下をのぞきこみました!

 やられた~!ホントは百々ヶ峰の頂上で食べようと思っていたこぶし大の食パンがなくなっていたんです!

 この食パン、米粉から作ったモチモチパンで持参した生ハムと一緒に食べるはずだったのに、運転席下に隠してあったビニール袋を取り出し、歯で袋をキレイに破って、私が車を出たわずかな時間で食パンを跡形も無く消し去り、余裕のペロペロ。

 当然、私は怒り爆発!久々に殴ってやろうかと思いましたが、グっと我慢して、道の駅でパンを買い、運転しながら遅い昼食をとりました。

 車が出発するとラブは私の手が届かない後部座席下にすばやく隠れましたが、しばらくするとドリンクホルダーにあるペットボトル型の水飲み機を前足でカチャカチャやり始めました。

 パンを食べすぎてノドが乾いた模様。

 この水飲み機、構造上、ペットボトルを逆さにしないと水が飲めず、水が飲めない愛犬はキュンキュン言い始めました。

 もちろん水が欲しいことはすぐにわかった私ですが、完全に無視してやりました。

 食い物の怨みは怖いんじゃボケ!

 そうすると覚悟を決めたのか、普段は絶対にこない助手席に移動し、私の顔を伺いながら某戦場カメラマンさんのように「のどがカラカラです、水をください」と目で訴えてきました。

 こんな顔!

IMGP5144.jpg

 その様子がおかしくて、不覚にも笑ってしまったのでラブの作戦勝ち!下呂市に入ったところで水を飲ませてやりました。つづく。

 P.S.そんなわけで今回は画像がなかったので先月、愛知牧場と岩巣山で撮った画像をUPしました♪
00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  コメントする(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.11 (Thu)

萩の滝。

「10」です。松尾池をぐるっと回った後は登山と滝めぐり!

 松尾池の横には東海自然歩道が通り、春には桜、秋には紅葉が楽しめ、百々ヶ峰を登ると美しい長良川の展望を眺めることができます。

 松尾池の合掌造りはガッカリだったけど、気分を変えてレッツ、ワン毛ル!

IMGP5295.jpg

 ところが前回「1」が書いたように、前日の大雨で山道が濡れているだけならまだしも、水が途切れることなくドクドクと流れ込んできていて非常に歩きづらい。

 瀬戸の岩屋堂で大コケしたトラウマがむくむくと浮かびあがってきた私は目的地を途中にある萩の滝までと決め、やむなく登山を中止することにしました。

 もう踏んだり蹴ったり!

IMGP5275.jpg

 天候や環境に左右されず変わらず笑顔なのはラブさんだけです!

IMGP5285.jpg

 萩の滝は岐阜市内で確認されている唯一の自然の滝で、昔この周辺に野生の萩が多く自生していたことがその名の由来となっています。

 滝は2段になっていて下流の大滝、上流の小滝を合わせて萩の滝というそうです。

 前述したように東海自然歩道になっているので散策道はよく整備され、滝を間近で見ることができますが、とにかくベタベタ、そしてすべる!

 元々この滝から流れる豊富な水量を灌漑用に利用しようと松尾池を作ったわけですから冷静になって考えてみればベタベタなのも納得できるのですが、その時は登山ができないのに加え、ラブがみるみるドロドロになっていったので愛犬とは正反対にカイヌシは渋~い顔をしていました。

 車の大掃除、ラブの丸洗い、そして風呂掃除を覚悟したんですもん。渋くもなるわ!

 不完全燃焼で松尾池を後にしました。つづく。
00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  コメントする(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.10 (Wed)

ロンリー・ブルーシート。

 「1」!コ姑です。みなさん友達のいないカイヌシに励ましの言葉ありがとね~。ワンやみなさんがいなかったらヤツはとっくに野たれ死んでることでしょう!これからもお付き合いよろしくぅ~。

 ワンはカイヌシみたく長々前フリなんかしないからさっそく本題。ワンコ友達にいろいろと教えていただき訪れた場所は画像の松尾池。

IMGP5307.jpg

 松尾池は、岐阜県岐阜市の百々ヶ峰の南山麓にある池で農業用貯水池として作られましたが明治24年に起きた濃尾地震で貯水池の機能を失い、現在は岐阜市の観光地になっています。

IMGP5317.jpg

 ここは知る人ぞ知る、渡り鳥の飛来地!紅葉をバックに水面を戯れる水鳥達を眺めるのはたいへん趣があっていとおかし!

 しかも池のほとりには白川郷から移築した合掌造り(現在は郷土料理屋になっています)もあるってんだから、最高だよね~と現場を訪れてみると・・・。

IMGP5316.jpg

 なんじゃこのブルーシート・・・。

 前日、滝のように降った雨のせいで合掌造りのカヤブキ屋根にはブルーシートがかけられていて、いとわろし!

 雨の影響は地面にも露骨に出ていて、そりゃあ貯水池にもなるわってぐらい水が上から流れてきていてベタベタ!

 カイヌシはワンにレインコート着せましたが、レインコートも気休めにしかならないほどドロドロになっちゃいました。

 せっかく上向きになったカイヌシのテンションはガタ落ちしましたが、こうなりゃヤケクソだと「今日は「3」がいないから無礼講!ドロドロになりやがれ!」ってGOサインをだしてくれたので心置きなく暴れました♪

 その様子はまた次回に!

 カイヌシ注:今回「1」が書いたように松尾池は渡り鳥の飛来地となっており、この日も多くのカメラマンさんが訪れていました。

 コーギーは牧畜犬でレトリバーに代表される鳥猟犬ではないものの、渡り鳥に余計なストレスを与えないよう、近づきませんでした。合掌造り周辺も料亭ということもあって同様に近づきませんでした。これからワンコ連れで訪れようとする方はご注意ください♪

IMGP5304.jpg

 「1」はブーたれていましたが、ブルーシートを気にしなければステキな景勝地ですよ~。

00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  コメントする(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.09 (Tue)

フラれ気分でロッククライミング!

 「10」です。嫁が鳥取に行くことになり、3日間ひとりと一匹の時間ができた私はさっそく3箇所に連絡をとりました。

 一つは最近会っていない友人に、一つはお世話になっている美濃加茂のおばさんに、そして得意先の美容院のスタッフさんに、ひとりと一匹でフリーだということと、一緒に遊びたいという旨を電話やメールで伝えました。結果は・・・。

 3つ全てにフラれました~。

 友人は車が使えず、約束していた翌日が雨天だということもあって断られ、美濃加茂のおばさんは夫婦で旅行に出かけるからと断られ、美容院のスタッフさん達は新製品の展示会があるからと断られ・・・ワンコ友達の方々にも猛アピールすればよかったと大後悔!

 雨がシトシト降る中、俺って実は友達いないんじゃないかってその日は一日中落ち込みました。

 翌日、起床するとキモチのいい快晴!雨なんか降ってないじゃん!・・・友人に私の晴れ男っぷりをアピールしておけばと後悔しつつ、それならと物置から寝袋を取り出し、サニタリーセットも用意して車のトランクに詰め込み、気ままに車を北上させました。

 今回は「嫁と一緒だと絶対いけないトコ」に照準を合わせ、山登りや滝めぐり、温泉を楽しみつつ、夜は満天の星を眺めようと運転しながら計画をたてました。

 岐阜県の岐阜市の長良川沿いを走行中、先週、このご近所に住んでいるワンコ友達の方にいろいろ教えていただいた場所が近いことに気づき、ちょっと寄ってみようと思い立ちました。

 一人だとこういう思いつきで行動できるから便利よね~。いいもん!友達なんかいなくたってラブさえいればさびしくなんかないもん!と強がりつつ、ナビに設定し、車を進めていくのですが、どんどん道は狭くなっていくばかり!

IMGP5300.jpg

 ビビリながらも無事、目的地に到着したのでした♪

 というわけで毎度のように前フリが長すぎて本文に到達できない私ですが次回からのお出かけレポをお楽しみに♪

IMGP5325.jpg

 ちなみに最終目的地はココでした。どうすかこの断崖絶壁っぷり!・・・いや、ロッククライミングはしてないですけどね。わかる人いるかな?わかった方はコメントよろしくお願いしま~す!
00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  コメントする(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.08 (Mon)

千差モウ別。

P1050662.jpg

 「10」です。愛知牧場でヒツジとふれあったので今度はウシにもコンタクトしてみようの巻です。置物のウシさんはクリア!

 最初に断っておきますが、あっヒツジだウシだ、それ行け~と突撃しているわけでなく、他の利用客や職員さん、もちろん動物達に迷惑がかからないよう細心の注意を払っておりますので間違っても犬を興奮させたり、けしかけたりしないでくださいね!

 前回も書いたように、はじめは遠巻きに様子を伺います。そうするとラブを発見して興味を示し、近寄ってきてくれる個体があらわれます。そして私は落ち着いた声でラブに言います「行ってみる?」

 「ゆっくりね、ゆっくり」お互いの様子を見つつ、声をかけながら夢の共演が実現されました。

P1050708.jpg

 今回出会った画像のジャージ牛はホントに人懐こくて、私にもなでさせてくれたり、長~い舌でペロっとしてくれたので今度は私がラブを抱っこしてみると喜んで顔を近づけてきました。

IMGP5240.jpg

 でも地面でなく不安定な私の腕の中だと急に怖くなったのかビビリモード全開!サっと私のワキの下に顔を埋めましたが最終的には無事コミュニケーションがとれました!

IMGP5238.jpg

 牛追い犬の面目躍如かな?

IMGP5242.jpg

 牛舎を後にし、用意したコスプレ衣装を着せ、ハロウィンかぼちゃの前でお目当ての写真を家族で撮り、帰宅しました♪

P1050723.jpg

 またいろんな動物と友達になれたらいいねっ!

P1050665.jpg

 そのコもウシだね~、ウシも千差万別だねぇ。
00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  コメントする(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.07 (Sun)

ヒツジの名は。

 ピンポ~ン。ひ~つじさんあ~そ~ぼ!

IMGP5196.jpg

 「10」です。愛知牧場を訪れ、休憩をしているとヒツジがラブを見つけ、よってきてくれました。ちょうど1年前、岐阜県の中津川ふれあい牧場でもヒツジがよってきてくれましたが、こんな近くは初めて!

 実はこの柵の中はふれあい動物園になっていてそこにはワンコ立入禁止。エサを持った人間がこの奥にいるにもかかわらず、ラブに2頭のヒツジがよってきてくれました。

 そして遠巻きにみる3頭目。ツボでした♪

IMGP5223.jpg

 あるドキュメンタリー番組で動物写真家が取り上げられた時、そのカメラマンさんが「動物に接近する際、動物が出す「許可」や「拒否」のシグナルを見逃さないようにしている」と言っていたのを思い出し、しばらくはカメラを構えず、ヒツジとラブの様子ばかり観察していましたが、どちらも興味津々で友好的だったので安心してシャッターを切りました。

IMGP5220.jpg

 ゆっくり近づくともう一つ発見が!ラブと特に仲良くしてくれたこのヒツジの名前がニコちゃんでした!

P1050696.jpg

 5月に会ったスレンダーで色白美人のコギ友達の名と同じだったのでビックリ!色白なのは変わらないけどこんなにモコモコになるなんて!まつこさんごめんなさいと思いつつシャッター切りまくり!

 そうこうしていると3頭目のコが「メー」とひと鳴きしたのでここでお開き。ニコちゃんに御礼を言ってその場を離れました♪

IMGP5219.jpg

 わぁ~ヒツジさんと仲良くなっちゃったぁって言ってるのかな?

 でもあなたが本来コミュニケーションをはからなきゃいけないのはウシなのよと今度は牛舎に遊びに行きました。つづく。
00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  コメントする(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.06 (Sat)

キバナコスモス。

 「10」です。岩屋堂の後は愛知牧場に出かけました。

 このブログの他に某ペットケアショップの店長さんブログも読んでる人は「あ~またパクったぁ」って思われるかもしれませんが、あくまで参考にしただけで、超リスペクトしているのでお許しください檜垣さん。

 今回ここを訪れた理由は10月いっぱいまで牧場がハロウィン一色になっていてパレードが行われるのでコスプレしたラブと参加し、写真を撮りたかったのと、もう一つ、この画像を撮りたかったから!

IMGP5171.jpg

 「キバナコスモスってどんなんだろうねぇ~」っと138タワーでおっしゃっていた方へ愛を込めて。

IMGP5173.jpg

 満開時が1ヶ月前で花期の終わりになると黄色くなりますが、本来はオレンジ色が強いコスモスです。

 このコスモス畑、肥料にできたてホヤホヤの牛糞や馬糞を使用しているようでかぐわしき香りを充満させていたり、小さなお子さん達がおかまいなしに走り回っていましたが、私達はニコニコ!

IMGP5157.jpg

 ワンコOKならそれだけで十分!

 会場では背の高いコスモスで迷路が作ってあり、体高の低い犬とかくれんぼを楽しみました。

IMGP5168.jpg

 見つけられるかなぁ~!

IMGP5185.jpg

 コスモス畑をぐるっとお散歩し、大型トラクターとの撮影を終えた私達にその後、ステキな出会いが待っていました。つづく。

IMGP5189.jpg
00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  コメントする(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.05 (Fri)

スベリまくり!

 P1050643.jpg

 「10」です。岩巣山の展望台からの眺めはサイコー。愛犬の顔もニコニコ!

 こういう自然豊かな場所に出かけると顔がイキイキし、目に見えて元気になります。人間には少々辛いものでも、愛犬のこの笑顔を見るとそんなものはぶっ飛びます!

 この秋、紅葉と一緒に愛犬の笑顔を見にぜひ山に遊びに行ってあげてください♪

IMGP5137.jpg

 さて下山。下山時はラブの足腰に負担がかからないようルートを見つけるのに必死!段差がある場合は抱っこして降りるのですが、足元が不安定だとこちらも転倒の可能性があるのでこの日も細心の注意を払っていました。

 そしたらノーマークの「3」が転びました!何やってんだか。

 幸い、背負っていたリュックがうまくクッションになったようで嫁は無傷!岩屋堂で登山の安全を祈っておいてよかったんですが、麓に下り、川沿いにある瀬戸大滝についた時、今度はは私がコケました!ホント何やってんだか。

 滝の雄大さにテンションがあがり、ラブを抱っこしながらわ~いと岩に足をのせた途端ズルっ!

 腰を強打しました。足は川につかりベトベト~!一日の安全を祈っておけばよかったと後悔することしきりです!

 川の水ゴケはとてもすべりやすく、ラブを置いて今度はハダシで挑戦したのですがあえなく撃沈!今度はケツを強打しました・・・。

 中学に上がるまで柔道をやっていたおかげで自然に受身がとれるワタクシ。抱いていたラブは無傷、私自身も大きなケガはなかったのですが、下はゴツい岩なので受身をとった肘と腰、でん部が超痛い!ラブを抱いていたこともあって反省するばかりです。

 そしてこの様子を1組のカップルに見られたのも恥ずかしかったなぁ~。もう一回スベったとこなんて恥ずかしすぎて顔も見れなかったもん!

 それでもしっかり滝写真を撮り、後から来た観光客に助言をして車に戻ってきました。

IMGP5146.jpg

 岩屋堂のいちばん奥に位置する瀬戸大滝。落ちた水は暁明ヶ滝と合わせて岩屋堂を東西に流れ、鳥原川の清流となります。

 鳥原川沿いは絶好の紅葉スポット!このあと数週間で紅葉シーズン突入かな?夜はライトアップされてキレイらしいですよ~!

P1050655.jpg

 昼食にやさしい味の塩ラーメンをすすり、塩分と水分を補給し、次の目的地に向かいました。つづく。
00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  コメントする(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.04 (Thu)

えらい話。

 「10」です。愛知県瀬戸市の岩屋堂がある岩巣山登山日記です。岩屋堂をお参りした後、すぐにでも登り始めたいところですが、この岩屋の奥に『暁明の滝』という名の滝があるので、ここで禊をしてから登ることにしました。

IMGP5127.jpg

 当初の予定では岩巣山の頂上までスイスイ登るはずでしたが、犬より大事な「3」様が登山開始直後から「えらい」を連発。

 この「えらい」、愛知県の方言では「優れた」という意味ではなく、「疲れた」を意味します。例としては「今日の仕事、でらえらかった~」と使います。この「でら」が「だら」、「どら」になるにつれて感嘆の度合いが強くなっていくのですがそれは置いといて「3」の顔がみるみる青白くなったので、登るのは途中の展望台までとしました。

IMGP5135.jpg

 これで富士山登りたいっていうんだから、ちゃんちゃらおかしいのですが、ようやく自覚したみたいで帰りの車中で「無理だな」ってつぶやいていました。

 登山中、上はランニング、下は半パンの元気なおじいさんに出会い、私達をはるかに上回るペースで登っており、「3」が登ってくるまでの間、展望台でお話を伺いました。

 ご近所に住んでいるというおじいさんはなんと80歳!毎日登っているらしく、ガイド役を買って出てくれ、他の登山客にもいろいろと説明していました。「えらい」なぁって思いました。

 他の登山客も「3」同様「えらい」顔をしていましたが、私とラブだけがニコニコしていたのでおじいさんに「あんたなんかスポーツやっとるんか?」って聞かれました。コーギーと一緒にしたら自然に体力がつくし、アクティブになるんです♪

 登山直前、こういう人にも出会いましたしねっ!

P1050633.jpg

 「水泳と散歩、これからは登山です!」って答えたら「それはええ!」と満面の笑みで返してくれました!

 「3」の到着を待ち、体力の回復と水分補給をとって下山しました。つづく。
00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  コメントする(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.03 (Wed)

ワン毛ル部。

 「1」!コ姑です。3日間、カイヌシと逢瀬を楽しんできました。もうカイヌシったら「嫁よりお前の方がイチバンだ」って何度も言うから困ったわぁ~!

 あれっウソってバレてる?違うの!さみしかったの!3日間、事あるごとにカイヌシが「嫁、大丈夫かなぁ~」って言うもんだから悔しくってつい・・・。

 ワンだってワンなりに気を使ってるの!だからその賠償にもっとオヤツくれやワレ~。

 ハイ、今回も意味のない一人ボケツッコミでお茶を濁しましたが、お休み中の記事はまた後日、みなさんが忘れた頃に書くとして(また遭難しかかったりして・・・)、先月の休日、久々に山登りしてきました!

 巷では登山ブームらしく、山ガールなる女性登山客が増えているそうだと聞いたカイヌシ、水泳部の次は登山部だと山ガールを見つけに山に出かけました。

 でもいつも人気のない低山を狙っているので残念ながら山ガールは発見できませんでした~。登山というよりワンダーフォーゲル部って言った方がいいかも?ワンがつくし、毛も生え換わるからワン毛ル部ね!

 行った場所は愛知県瀬戸市にある岩屋堂。こちら春は桜、夏は鳥原川を堰き止めた天然プールそして秋は紅葉が楽しめる場所。公園内には東海自然歩道が通っておりハイキングが楽しめるので以前から行きたかったんだけど、大勢、人がいたら迷惑になるからとタイミングをはかっていたんですね~。

 紅葉前だし、川遊びをするには涼しすぎるという絶妙なタイミングでこちらを訪れました。

IMGP5116.jpg

 画像はその観光地名にもなった岩屋堂。自然にできた岩屋でエラいお坊さんの行基さんがこの岩屋内で三体の仏像を彫刻し、時の天皇、聖武天皇の病気平穏を祈願したんですって!どんだけ昔~って話だよね~。

P1050636.jpg

 目と耳にご利益があるそうで、これから登る登山の安全と一緒にワン達もお祈りしましたよ~。ってかカイヌシ10番つけてるじゃん。そして頭つけてるじゃん!すごいボケかましてくるな~。

 薬師如来さんを本尊とした岩屋山薬師堂として信仰をあつめ、小鳥たちも木の実を供えたという由来から鳥原という地名がつき、この岩屋堂の横を流れる川を鳥原川というぐらい霊験あらたか!

 お祈りの成果か嫁ブログにあるように登山中、嫁がすっ転んだんですけど、無傷だったのは薬師如来さんのおかげかも!ありがとうございました!

IMGP5119.jpg

 愛用のリュック型ハーネスを身にまとい、BADGIRL-KETTYさんで作ってもらった登山用クローバーの名前札もつけて準備万端!いざワンゲル~といいたいところだけど、ワンがダジャレに走ってしまったせいで、長文になってしまったので続きは次回!カイヌシにバトンタッチしま~す!
00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  コメントする(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。