FC2ブログ
2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.12.27 (Tue)

竜吟七滝。

IMGP0018.jpg

 「10」です。前回の続き。水晶山の急勾配の階段を登ると国道19号沿線の建物やまわりの山並みが見えるようになり、中腹には東屋もあるので休憩もでき、私とラブもそんなに苦にはなりませんでした。

IMGP0017.jpg

 山頂にも同じような東屋があり、三角点はないもののここがゴール。この日は雲がかかっていて景観はイマイチでしたがラブをはじめとしたメンバーは大満足の様子で休憩した後、下山しながら滝見物することにしました。

 竜吟の滝は一の滝、二の滝、三の滝、えびす滝、あんま滝、昇竜の滝、梵天の滝と続く7つの滝の総称をいい、今回は上の滝から見ていきます。

 時折人間界に降り立ち、人々の幸福を祈る梵天の滝。

IMGP0032.jpg

 岩の間を流れる水が竜が川を昇る姿の昇竜の滝。

IMGP0041.jpg

 滝水が肩をやさしくもみほぐすアンマのごとく人々の体を安らげるあんま滝。

IMGP0048.jpg

 人々の安寧を守る恵比寿様のように敬われているえびす滝と順調にクリア。一つ一つのネ-ミングに感心しながらゆっくり下りました♪

IMGP0059.jpg

 正直、中には「これが滝?」っていう規模のものもあるんですが、今回のように上の滝から順に見て下ると 下になるにしたがって水量が多くなり だんだん大きな滝になってくるので思った以上に楽しめました!

 実は5年前の夏、私はラブとここを訪れて滝めぐりをしたのですが、上に行くにつれ、疲れる割に滝の規模が小さくなって面白くなかったんですよね~(来た道を戻らないといけないですしね)。逆回りすると楽しめるんだって今回新たに発見しちゃいました♪

 次回は残りの滝を紹介しますね~!

IMGP0100.jpg
スポンサーサイト
00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  コメントする(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■可愛い滝ですね~。

写真を見て私も正直これが滝?ってちょっと思っちゃいました。 順番は大事かも。(笑)
低山ハイク、この季節に出来ていいですね~。 そちらではツキノワグマって心配あんまりしなくていいんですか?
秋田は今年は12月になっても里に下りて来る熊がいてびっくりです。
これも里山の存在価値が低くなって緩衝地帯がなくなっているからなんですよね。
ヒナタマンマ |  2011.12.27(火) 13:58 |  URL |  【コメント編集】

■頑張ります!

 ヒナタマンマさん

 滝ちっちゃいですよね~。私も普段だったら1枚ずつ撮ったりはしないんですけど、今回は意図があって撮ってきました(次回をお楽しみに)。

 低山だったら冬でもハイキングできるんですけど、暖冬でしかも1ヶ月前のことですからこの時は犬連れにとっては最適なコンディションでしたよ~。

 こちらの地方でも25日から雪が積もり、10センチは積もったかな?今日のお昼でほぼ融けちゃいましたけど。

 岐阜の山奥にいかない限りはクマの心配はないのですが、クマやオオオカミがいないためにお隣三重県ではサルやシカの被害が多く、サルを追うモンキードッグというワンコがいる一方で、犬が山に入ることを禁止している場所もあって、「なんだかなぁ」です。

 年末進行とヒートのダブルパンチで例年であればネタ不足なんですが、(1ヶ月分ズレるぐらい)ネタは豊富で、年内分はすでに書きあがっています。その間に仕事と年賀状書きを頑張りたいと思いま~す!
ラブカレ。 |  2011.12.28(水) 02:17 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://hi10kingkazu11.blog25.fc2.com/tb.php/434-c3786891

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。